TSUME.CO(ツメコ)のこと②

前回に引き続き、「Nail FamiliarがTSUME.CO(ツメコ)を選んだ理由(わけ)」についてお話ししましょう。

理由その②
TSUME.CO(ツメコ)はこれまでのプリント・ネイルとは違う!

実は、これまでにもプリント・ネイルはありました。実際、一時はそれなりに話題になり、テレビなどで取り上げられたこともあったんです。当時は、大流行したプリクラのコーナーの隣に、ネイル・プリンターが並べられているのも見かけました。値段も安く、手軽にあっという間にプリントできましたので、特に中高生や若者たちに人気がありました。では、そうしたプリント・ネイルが定着せず、今ではすっかり見かけなくなったのはなぜでしょう。
理由はいくつかあるでしょうが、やはり品質の低さが大きかったんだと思います。正直、当時のプリンターでは性能も低く、お遊び程度のデザインしか描くことができませんでした。アートの緻密さ、精巧さ、発色の良さなどは望んでも仕方がないレベルだったのです。もちろん、デザイン自体も限られており、ジェルネイルとは比べ物になりませんでした。

では、TSUME.CO(ツメコ)はどうでしょう?
Nail Familiarが導入に当たって一番気にしたのは、アートの仕上がり具合でした。手書きアートと比べて、あまりにも差があって見劣りがするようだったら、やはり商品としては使えません。せっかくお客様に時間とお金を使ってサロンに来ていただくんですから、「安かろう、悪かろう」はありえないんです。ネイリストのプライドが許しませんから!
最初の実験台はもちろん自分自身の爪。(新しいジェルなど、まずは自分自身で体験するのが一番です)
そして、仕上がりを見て最初の印象は、「これならいける!」というものでした。
考えてみれば、これまでのプリント・ネイルとは違い、TSUME.CO(ツメコ)の行程は、通常のジェルネイルとほとんど同じです。違いはアートを手書きで描くか、プリンターで印刷するか、という部分だけ。
ですから、仕上がりの品質も通常のジェルネイルと遜色のないものになるんです!


もちろん、TSUME.CO(ツメコ)が全ての面で通常のジェルネイルと同等か?と言えばそうではありません。改めてお話しますが、やはり得意なデザインや不得意なデザインがありますし、ベースコートの違いによって発色も微妙に変わってきます。しかし、そのメリットを生かせば、これまでのジェルネイルの常識を書き換える素晴らしい商品となると確信しています。